すやねむカモミールの副作用?この3条件に該当する人は飲んじゃダメ!

すやねむカモミールの副作用?この3条件に該当する人は飲んじゃダメ!

すやねむカモミールの効果も価格も非常に魅力的だけど副作用が気になりますよね。
カモミール自体は優れた薬効を持つハーブですが、副作用がまったくないわけではありません。

 

以下3つの条件に該当する人はすやねむカモミールを飲まない方がよいです

 

  1. 妊娠期のママ
  2. 離乳食前の赤ちゃん
  3. キク科植物の重度の花粉症患者(ブタクサ、ヨモギ等)

 

この3つに該当される方はすやねむカモミールを飲まないでくださいね。理由を説明します。

 

1.妊娠期のママにおすすめできない理由

 

カモミールには実は2種類あります。ローマンカモミールとジャーマンカモミールです。

 

問題になるのは”ローマン”カモミールで、子宮を収縮させる作用があると言われています。

 

その点、すやねむカモミールは”ジャーマン”カモミールを使っていますので心配は少ないかもしれません。
それでも大事な赤ちゃんに影響があっては困りますので、私は妊娠期のママにはおすすめしません。

 

子宮が収縮する可能性がゼロではないので、妊娠期のママはすやねむカモミールを飲まないこと。

 

一方で

授乳中のママにはおすすめです。
カモミールティーには母乳の出をよくする効果があり、おっぱいの張りによる痛みを和らげるからです。

 

(ちなみにドイツの産院ではママたちがカモミールをティーをいつでも飲めるように
「授乳ティー」という名前で産院内のあちこちに置かれているそうです。)

 

2.離乳食前の赤ちゃんにおすすめできない理由

 

赤ちゃんに与える栄養分が不足する恐れもあります。

離乳食前の赤ちゃんには母乳を通じてすやねむカモミールを与えてあげると良いですよ。

 

授乳期はママの母乳を通じてすやねむカモミールを赤ちゃんへ飲ませてあげてください

 

3.キク科植物の重度の花粉症患者におすすめできない理由

 

カモミールも実はキク科植物なんです!

 

そのため、ブタクサやヨモギといったキク科植物の
重度の花粉症患者さんにはおすすめできません。

 

カモミールの花から抽出するお茶なので、ブタクサやヨモギといったキク科植物で重度の花粉症をお持ちの方は控えてください。

 

まとめ

 

カモミールの副作用がまったくないわけではありません。以下の3条件に当てはまる方は飲用を控えてください。

  1. 妊娠期のママ
  2. 離乳食前の赤ちゃん
  3. キク科植物の重度の花粉症患者(ブタクサ、ヨモギ等)

 

以上の3パターンにあてはまらず寝ぐずりや黄昏泣き、夜泣きに悩んでいる方には
すやねむカモミールはおすすめです。今なら先着300名に限りキャンペーンで980円でお試しできます

 

公式サイト

関連ページ

すやねむカモミールの販売店・取扱店は?最安価格は75%OFF!?
「すやねむカモミール」徹底解説!海外で夜泣き、寝ぐずり対策といえばカモミールティー。ですが幾つか問題も。「すやねむカモミール」は問題をクリア出来ているの?効果は?ママ目線で実際に試し確認しました。
すやねむカモミールの口コミをまとめてみました。本当に効果あるの?
「すやねむカモミール」徹底解説!海外で夜泣き、寝ぐずり対策といえばカモミールティー。すやねむカモミールは本当に効果あるのか、口コミをまとめてみました。